トップページ|医者、国際リーダー、プロスポーツ選手を目指し、各分野のスペシャリスト育成がコンセプトの開志国際高等学校

NSGグループ

2014年度 学校説明会

アメリカンフットボール部創部

お知らせ

【最新のお知らせ】一覧はこちら

教員のご紹介

教頭:相馬 健一

英語
教頭:相馬 健一

大阪大学外国語学部卒業。文学修士。Pennsylvania州立大や英国Reading大学で英語を研修。県立高校教諭、明訓高校教諭を経て、今日に至る。「英語会話・口語表現の攻略」など出版物数点。「英語の道に定年なし」…続きはこちら

教員一覧はこちら

動画でチェック

NEW 2014.11.06 開志国際高等学校CM 11月・12月学校説明会
動画一覧はこちら

これからの高等学校教育に求められるのは、従来の「知の伝授」型教育ではなく、生徒一人ひとりが自ら課題を発見し、課題を解決する「主体的な学び」であります。

人間として、社会人として、どのような人生を歩んでいくのかという目標をしっかりと考えさせ、それを実現するための具体的な行動に対し指導と助言を与えることが、これからの高等学校教育における重要な責務であると考えます。
本校が目指す教育は、それぞれの分野での目標達成や成果をあげることが基本となりますが、それだけが最終ゴールではありません。本校での「学び」を通じて多様な価値観や世界観を互いに認め合う寛容さ、諸問題の解決に努める真摯な姿勢など、社会人としての確かな「人間力」を養うことに大きな意義があると考えています。
優れた指導者、理想的な学習・練習環境のもとで本当の意味の「学び」を実践し、寮施設や学校外指導など24時間365日の充実したサポート体制によって、生徒一人ひとりの未来を確かな人生として切り開いていきます。