ニュース|医者、国際リーダー、プロスポーツ選手を目指し、各分野のスペシャリスト育成がコンセプトの開志国際高等学校

NSGグループ

教員ブログ

2015.03.06

一覧へ戻る

生徒の1日に密着 No.2 ~医学科進学コース寺澤さん~

開志国際高校では、生徒がどんな1日を送っているのか、生徒の1日に密着しました。

今回は、医学科進学コース1年の寺澤昂希さん(新発田市立本丸中学校卒業)をご紹介します。

 

ブログ-DSC_0123

 

中学生の時、医療関係のテレビ番組を見て、『医師になって多くの人を助けたい!』と思うようになり、医学科進学コースに進学しました。少人数クラスの為、わからなところがあると、すぐに質問でき、勉強をする上でとても良い環境だと思います。毎日、学校の授業が終わると東進衛星予備校で授業を受け、国公立大学医学部医学科の合格を目指して日々勉強を頑張っています。中学校まで、バスケ部に所属していたので、今でも時間のある時は、バスケ部の練習に参加をしてしています。

 

それでは、寺澤昂希さんの1日をご紹介します

6:00 起床

通学時間は、中条駅まで30分ほど

電車の中では、英単語を勉強しています。

7:40~ 中条駅に到着!中条駅からはスクールバスで登校します

ブログ-DSC_0267

 

7:50 学校到着!教室で友達と話したり、自習をしたりしています。

8:40~ 朝のショートホームルーム & 授業開始

 

寺澤さんが在籍する医学科進学コースは、『将来医師になる!』という強い志を持って医学部医学科に進学を志望する生徒が集まっています。医学科難関大学の出題傾向に基づく授業プログラムや徹底した少人数クラス編成で、生徒一人ひとりの状況を把握し、すぐにフィードバックできる学習環境のなか、高い学力を身に付けます。

 

通学生の昼食は、お弁当を持ってきても、食堂で昼食を申し込んでも大丈夫なので、平日は食堂で昼食を申し込み、土曜日はお弁当を持ってきています

 

ブログ-DSC_0121ブログ-DSC_0175 (2)ブログ-DSC_01542015

 

通常授業が終わると、各曜日ごとに担当の先生が放課後授業!

その日の授業の復習やわからなかったところを、すぐに先生に質問しています。

 

17:30~ 校内にある東進衛星予備校に移動してIT授業を受講。

東進では現在、英語と理科を選択していて、英語は既にセンター試験の問題を終え、国立大学二次試験にも使える英作文を勉強しています!

1年生の後半で英作文まで進み、受験に向け頑張っています 

 

ブログ-DSC_0171

 

19:30 スクールバスで中条駅まで行き、電車で帰ります。

帰りの電車の時間も利用して、英単語を覚えたり、復習をしたりしています。

 

20:30 帰宅 & 夕食・入浴

毎日だいたい3時間ほど予習・復習をします。

 

00:00ごろ 就寝