ニュース|医者、国際リーダー、プロスポーツ選手を目指し、各分野のスペシャリスト育成がコンセプトの開志国際高等学校

NSGグループ

教員ブログ

2014.04.22

一覧へ戻る

アスリートの生徒を対象に食育講話を開催

昨日、学校給食なども扱っている㈱日本フードリンクの管理栄養士 渡辺絵里子さんをお招きして、食育講話を実施しました。

ブログ-P4210064

アスリートにとって、筋力トレーニングも大切ですが、身体づくりの基本となるのが食事。

たくさん食べればいいというわけではなく、栄養について、栄養を摂る質・量とタイミング、種目別の食事方法まで指導いただきまいした。

 

ブログ-P4210056ブログ-P4210059

まずは土台を作る食べ物・・・5大栄養素!

  • 炭水化物(糖質)→糖質はエネルギー源の主役
  • 脂質→筋肉の働きをコントロール
  • たんぱく質→瞬発力アップに必要
  • ビタミン→全ての栄養素のアシストを行い、体調をベストに保ってくれる
  • ミネラル→カルシウムや鉄分・・・骨を強くしたり、貧血防止

これらの栄養が欠乏すると・・・または過剰に摂取しすぎると・・・など、詳しく話してくださいました。

ブログ-P4210061ブログ-P4210068

さらに、陸上(長距離/中距離/短距離)・ゴルフ・バスケットボール・卓球と、各種目別に分け、特に必要な栄養素や注意が必要な栄養素、量やタイミングを詳しく指導。

ブログ-P4210062ブログ-P4210067

身体づくりのために大切な食事。

自分たちは、どの栄養を注意して摂取すべきか、どのくらい食べ、いつ摂るといいのか。

「食」の大切さと、自分に適した食事方法を学ぶ機会となりました。

 

後日、国際リーダーコースと医学科進学コースの生徒を対象に開催します。