藤永 真悠子さん

img2

2018年アスリートコース卒業
富士通レッドウェーブ

山口県下関市立吉見中学校出身

Wリーグで活躍して、 目指すのはオリンピック!

自分たちの手で、新たな歴史をつくっていきたい。開志国際高等学校を進学先に 選んだのは、全国制覇を目指す整った環境がある“新しい高校”だったからです。 1期生である1年生の先輩たちが、全国の2年生や3年生を相手に堂々と戦っている 姿を見て、ここなら自分たちの歴史がつくれるのではないかと感じていました。 在学中の3年間は、バスケットボールに集中できたこともあり、充実していたと思い ます。チームメイト全員が寮生活を送っていたので、何でも言い合い理解し合える 家族のような存在でした。個人的にはメンタル面の弱さも鍛えることができ、好不 調の波も小さくなったと思います。現在はWリーグの社会人女子バスケットボール チーム富士通レッドウェーブに所属しています。ここを選んだのは、チームの雰囲 気も良く、日本のトップで成績を残したいと考えたからでした。高校時代との違いは、 一人ひとりの自主性がとても強いということです。秋からは本格的にシーズンが 始まりますが、1年目から活躍して認めてもらい、2020年のオリンピック出場を目指 してさらに成長していきたいと考えています。

主な戦績

2016年 ウィンターカップ ベスト8
2017年 BSN杯新潟県高等学校 バスケットボール大会優勝
2017年 インターハイ ベスト8

このページのトップへ