子どもたちの輝く未来のために。

未来はジブンでつくるもの。

未来は、やってくるものでしょうか。それとも、つくっていくものなのでしょうか。開志国際高等学校は、つくっていくものだと信じます。そして、つくっていくのは君たち自身なのです。

目標を見つけること、そこへ向かって努力すること。そこには挫折や苦難があるかもしれません。
しかし、そんなことに負けずトライし続けること。そこに確かな成長が生まれるのです。

かけがえのない高校生活を、未来をつくるためにジブンと向き合い可能性を広げていくために開志国際高等学校は、
グローバル教育・リーダー教育・キャリア教育という3つの教育方針を掲げ、君たちを応援します。

目標の途中でひらく様々な可能性を信じて、この門を叩く若い力を歓迎します。

学校法人 大彦学園 理事長 池田 祥護

理想とする教育の実現に向け、確実に歩を進めていきます。

学校法人 大彦学園 理事長 池田 祥護

平成26年4月に、当学校法人として2校目の高等学校である、開志国際高等学校を開校しました。複雑化、先行き不透明な現代社会にあって、志を持って未来を切り開くことのできる青少年の育成が、今日まさに求められています。本校は、こうした社会の要請を真っ向から受け止め、「医学」「国際」「アスリート」コースを柱に、地域社会・国家・国際社会の発展に寄与できる真の国際人・リーダー・スペシャリストを育てていく、これまでの日本にはない、かつ、これからの日本に必要な全く新しいコンセプトの高等学校です。
開志国際高等学校 校長 関 久志

未来を切り拓く ~「夢・挑戦・感動」~

開志国際高等学校 校長 関 久志

開志国際高等学校は特色を最大に生かし、生徒が生き生きと活動し、充実した高校生活を送れる学校づくりを目指しています。生徒たちは素直で真面目で、熱心に学習や部活動、学校行事にも取り組み、3年間で見違えるほど成長を遂げていきます。進路実績や部活動での活躍もあり、開校以来5年、地域からも愛され、信頼されている学校です。
今年度、「夢・挑戦・感動」を合言葉に教育活動を展開しています。自分の大切な夢の実現に向けて、ひたむきに挑戦・チャレンジをし、その努力の過程で大いに感動を味わう。そして、未来を切り拓く確かな人間力を身に付けていきます。
全職員一丸となって、生徒一人ひとりの可能性の芽を見つけ、引出し、最大限に伸ばすことを心がけ、個に応じたきめ細やかな指導を通して全力でサポートしていきます。
このページのトップへ