医者、国際リーダー、プロスポーツ選手を目指し、各分野のスペシャリスト育成する

メニュー

子どもたちの輝く未来のために。

未来はジブンでつくるもの。

未来は、やってくるものでしょうか。それとも、つくっていくものなのでしょうか。開志国際高等学校は、つくっていくものだと信じます。そして、つくっていくのは君たち自身なのです。

目標を見つけること、そこへ向かって努力すること。そこには挫折や苦難があるかもしれません。 しかし、そんなことに負けずトライし続けること。そこに確かな成長が生まれるのです。

かけがえのない高校生活を、未来をつくるためにジブンと向き合い可能性を広げていくために
開志国際高等学校は、
グローバル教育・リーダー教育・キャリア教育という3つの教育方針を掲げ、君たちを応援します。

目標の途中でひらく様々な可能性を信じて、この門を叩く若い力を歓迎します。

学校法人 大彦学園 理事長  池田  祥護

理想とする教育の実現に向け、確実に歩を進めていきます。

学校法人 大彦学園 理事長 池田 祥護

平成26年4月に、当学校法人として2校目の高等学校である、開志国際高等学校を開校しました。複雑化、先行き不透明な現代社会にあって、志を持って未来を切り開くことのできる青少年の育成が、今日まさに求められています。本校は、こうした社会の要請を真っ向から受け止め、「医学」「国際」「アスリート」コースを柱に、地域社会・国家・国際社会の発展に寄与できる真の国際人・リーダー・スペシャリストを育てていく、これまでの日本にはない、かつ、これからの日本に必要な全く新しいコンセプトの高等学校です。

開志国際高等学校 校長  関  久志

夢の実現に向けて ~「夢・挑戦・感動」~

開志国際高等学校 校長 関 久志

「夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に夢なき者に成功なし。」これは、維新とともに、激動の時代を築き上げていった志士たちを育てた吉田松陰の言葉です。成功するためには、まず「夢」を持つことです。夢が無ければ、これから先どんな人生を送りたいのか、どのような人間になるべきか、という理想も生まれません。そして、理想が無ければ、それを実現するための計画を立てることも儘なりません。さらに、計画が無ければ、実行は伴いません。何も実行しなければ、当然の如く成功は望めません。今年度、本校は「夢・挑戦・感動」を合い言葉に、全校が一丸となって教育活動に鋭意努力しているところです。そして大いに学校生活を楽しんでいます。将来自分自身の夢の実現を考えている人は、開志国際高等学校で過ごす3年間で、その実現に向けて挑戦し、大きな感動を味わう歩みを進めていただきたいと思います。

PAGE TOP